最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメリンク

除去法

海水浴

刺青やタトゥーを除去する方法は、大きく3種類に分けられ、「レーザー除去」、「切除術」、「植皮術」とあります。
レーザー除去には、「光熱作用」と「衝撃作用」の2タイプあり、それぞれ施術内容が異なります。
光熱作用の場合、レーザーをタトゥーの部分に照射させると強い熱を生じ、この作用でタトゥーの染料が燃焼して消えます。

衝撃作用では、熱と衝撃を同時に発生させ、タトゥーの染料を粉砕させます。粉砕されたタトゥーの染料はゆっくりと体の外へ排出されます。
ゆっくりとしか排出されないので、照射後は少しずつ肌が白くなっていきます。
衝撃作用は、染料が完全に排除されてからでしかレーザーを照射させてもらえないので、1回照射したら最低でも2ヶ月ほど期間を空けないといけません。
もし、期間を空けずにレーザーを照射させてしまうと、二次性の色素沈着がまだ治まっていないので、色素脱失や肥厚性瘢痕(ひこうせいはいこん)といった肌トラブルを起こす恐れがあります。
肥厚性瘢痕とは、肌の繊維組織が必要以上に産生され、ミミズ腫れのような傷跡が起こる肌トラブルです。

支援

若いうちに入れてしまったタトゥーや刺青、後々後悔する方も多く見られます。
遊び心で恋人の名前を入れたり、当時流行っていたデザインを入れたりと、人によって内容は様々ですが、若いうちに入れてしまうと就職が難しくなって生命保険にも加入出来なくなります。
就職に向けて刺青やタトゥーを除去しようとする未成年は多く見られますが、やはり費用がどのくらいかかるのかが気になる所です。
レーザーであれば、光を照射するだけなのでそこまで大掛かりな作業ではないですが、切除術や植皮術といった除去法であれば、外科的処置が必要となるため、費用もそれなりにかかってしまいます。

こうした未成年の悩みを解決しようと、近年から未成年によるタトゥー除去の支援をしているクリニックや美容外科が増えています。
支援をしているクリニックの中には、治療費を無料で実施している所があり、その他軟膏や消耗品なども無料でサービスしてくれます。ただし、照射回数は3回までと限られているので、デザインが大きければ全てのタトゥーを除去することが難しくなってきます。
小さなデザインであれば、無料でタトゥーを除去してくれます。